新卒ポーカープレイヤーのブログ

意識高めの大学生だったのに急に色々終わっちゃって新卒を捨てた男がポーカーで生計を立てたくてとりあえずオーストラリアで頑張ってみる話 Twitter:https://mobile.twitter.com/alcohol_hole_

三つ子の魂百までいかないで欲しい話

自分はいつからこんな人間になってしまったのだろう?

小学生の頃は、なんとなく周りに合わせて「サッカー選手になりたい。」と思っていた。中学生の頃は「公務員、特に教師になりたい。」と思っていた。高校生の頃は「大企業に勤めてから、社会経験を持った説得力のある教師になりたい。」と思っていた。見事なまでに文部科学省の思惑通り、競争社会の優秀な歯車に育っていたのだ。

それなのに、何故今になってほぼ毎日カジノに出勤する23歳になっているのか?確かに大学時代は色々グチャグチャだったが、本当に原因はそこだけなのか?もともと火種を持ち合わせてたのか?だとしたら、それはどこで手に入れたか?

ここ最近は、毎晩のようにそんなことを考え、悪夢に悩まされ、毎朝ワケがわからないままカジノに出向いている。もうそこに意志なんてモノは存在しない。18歳の自分がこの姿を見たら確実に泣いてしまうだろうが、本当に泣きたいのは23歳の自分の方だ。勝ちぶんちょっとだけあげるから許して欲しい。

 

 

f:id:alcohole:20180528162756p:plain

 

収支報告だ。先月まで順調に伸びるだけだったグラフも、段々見ごたえのある物になってきた。一番の見所は、先週末の三連大敗(3日でAU$-1550)のあとに体調を崩して寝込んでいるところである。ウケる。しかしまあ、それで気持ちの切替えが出来たのか、今週はバッドビートもそこそこあった中、合計+$772まで持って行くことが出来た。

ちなみに言っておくと、25日の敗戦でいよいよ財布事情が笑えなくなってきたため、26日から、しれっとケアンズと大差無いレベルの低レート卓(2-5$)に移行している。それまでは複数プロがいる高レート卓(5-5$)でプレイしていたのだが、今思うと全然ワケがわからない。まあ何はともあれ、これからはまた安定して収支が伸びていくだろう。

 

さて、話は変わるが、自分はいまイチゴ農場にいる。本当にいる。先週末の深夜、さめざめと涙を流しながら大量に酒を流し込んでいたとき(前回記事参照)に、一時のノリで申請してしまっていたのだ。ウケる。今の時期は週5,6働かされる上に低賃金の奴隷採用だが、自分の目的はしばらく自然に触れながら今後を見詰め直すことなため、特に問題は無い。

太陽はいつだって、夢と現実を分け隔てなく照らし出す。この農場生活で、お日様に炙り出される自分の夢(笑)を、少しずつ現実にアジャストして行けたらなと、そう切実に願っている。ちなみに、農場からカジノは二時間弱で行ける。