新卒ポーカープレイヤーのブログ

意識高めの大学生だったのに急に色々終わっちゃって新卒を捨てた男がポーカーで生計を立てたくてとりあえずオーストラリアで頑張ってみる話 Twitter:https://mobile.twitter.com/alcohol_hole_

おジャ魔女どれみもOVAからが本番っていう話

錆び付いたゴールデンウィークが終わりを迎える。

ケアンズに来て約一ヶ月が経ち、ようやく気が付いた。自分はまだ、銀行と賭博場とスーパーにしか行っていない。バスで30分の世界最古の熱帯雨林ことキュランダにも行っていない。ボートで45分の自然世界遺産のグリーン島にも行っていない。カジノの裏にあるらしい海すら見てない。以前ツイッターにあげた、市街地から見える泥水のような海の写真すらも、実はネットの拾いモノだ。

 

夕方過ぎに起きる。

酒を飲む。

シャワーを浴びる。

ラップバトルを見る。

カジノでポーカーをする。

酒を飲む。

人工知能とポーカーをする。

アニメを見る。

酒を飲む。

昼前に寝る。

 

日本にいる時となんら変わりない生活。いや、むしろ磨きをかけて終わっている。日中は寝てるし、基本的に暇だし、酒を飲まないと寝付けない。言わば毎日が日曜日、やな宿題は全部ゴミ箱に捨てちゃうような生活だ。これでは子猫にもそっぽを向かれるし、大きな声でピリカピリララしてもどうにもならなそうだ。しかしながら、不思議と笑顔は満点だし、ドキドキワクワクも年中無休である。

 

 

f:id:alcohole:20180507074513p:plain

 

収支報告だ。今週は合計+AU$551。今までで一番ミスの少ないプレイが出来たように思える。3日連続で立て続けに収支を伸ばし、4日目の最後のワンプレイで一気に大金をばら撒いてきた。ちなみにそこで勝っていたら、4日目も推定約+AU$600になっていたはずである。ちょっと悔しい。しかし、これは自分も相手も正当なプレイをした結果(PF:CO AA open/c<SB KK 3bet/c(set)<BB QQ4bet AI(flush))なため、心中は穏やかだ。

 

 

さて、これでケアンズ編は終わりだ。

一言でいうと、心地良かった。常連達の人柄というか、卓の雰囲気というか、そういったものが、なんというか温かかった。あとほぼ全員チョロかった。


最後に卓に着席したとき「おお!早くどっか行きやがれ!」「おい!引っ越す前に俺の金を返せ!」などの冗談交じりの罵声を受けた。

また、自分が最後にごっそりチップを失ったときには、「ラストで大負けだ!」「ざまあみろ!」と卓全体が盛り上がった。

そして、自分が卓を去るときには、「引っ越し先でも頑張れよ!」「大丈夫だよお前強いから!」などと激励を受けた。


カジノで出会い、カジノでほぼ毎晩顔を合わせ、カジノで現金を奪い合っていただけなのに、そこには友情に近い何かが生まれていた。今になってなんとなく「皆とFacebookでも交換しておけば良かったな~。」とまで思っている。そこそこドライな自分が旅先でそこまで思うのはそこそこ珍しい。

スリルを共有したという点では、ちり橋効果のようなものだろうか?いや、むしろつり橋の上でお互いを押し合っていたようなものだし、それも違う気がする。なんなんだろうか。

 

 

まあそんなこんなで(?)、明日からはブリスベン編が始まる。そのまま帰国まで居続けるつもりだし、ここからオーストラリア生活本番が始まるようなものだ。

まあ、ポーカーしてたらなんかAU$2,000も増えていたし、向こうで入居するシェアハウスも既に決まっているし 、入国時よりは安定したスタートを切れることだろう。そもそも、自分はインターネットと酒さえあればどこでも生きていけるタイプだ。カードキャプターさくら-クリアカード編-をリアルタイムで追えている限りは、絶対大丈夫だ。